2021/07/24

【モンスターハンターストーリーズ2】プレイ日記 その3


ルトゥ村

船が浜辺に着きました。ここからは歩きでルトゥ村に向かいます。

すぐ近くにネコタクスタンドがあったので、マハナ村にファストトラベルできるか試してみました。

するとあっさりマハナ村に帰ることに成功。わりとドラマチックに旅立ったというのに。ガナ様の反応もあっさりでした。

ネコタクでまたすぐ浜に戻り、ルトゥ村に向います。島に居たモンスターとは別のモンスターがたくさん。

新たなモンスターと戦いつつ進んでいると、突然現れた青い飛竜にエナがさらわれました。
大変!大変!と急いで追いかけていきます。

すぐに追いつきましたが、別にさらわれたわけではありませんでした。
飛竜に乗っていたのはルトゥ村のアルマ。エナが見かけない人物と歩いていたのでかどわかされたと思い救出したそうです。

なんと人騒がせな。というかエナは無断でハコロ島に行っていた。そりゃ心配するよね。

ルトゥ村に着いたらすぐに長老に挨拶をします。

長老によるとハコロ島で見つけたリオレウスの卵は破滅の力を持っていて、世界を滅ぼすかもしれないといいます。

こき使われる

この後、ライダーの力を付けるため、力を証明したなら伝承の儀を教えるという名目でめちゃくちゃこき使われました。救いはアルマが一緒に行動してくれるということ。アルマはレドとも友人だったらしいしマジ良い奴。

アルマのオトモンは青い飛竜だけど、こんなやつモンスターハンターにいたっけ?

モンスターハンターポータブル3rdからライズの間の作品をプレイしてないので、よくわからないですね。

とにかく、アルマと共に村人を襲ったというパオウルムーを倒し。

岩山で村人を襲うというバサルモスを倒し。

子どもが大事な石を落としたという洞窟にいるイャンガルルガを倒し。

迷子の子どもを探し。ついでに襲い掛かってきたドボルベルクを倒し。


そして、ナルガクルガを討伐しました。

ナルガクルガ戦の後、なんだか成り行きでアルマと勝負することになります。
シハクはスピード型だと分かっているので、テクニック型のオトモンで勝負すればまぁそれほど苦戦はしませんでした。

ただ、こき使われただけでなく、プレイ的な利点もありました。
バサルモスを倒した時点で、伝承の儀ができるようになり、アルマ戦の後で通信プレイができるようになります。

あちこちでモンスター討伐をおこないましたが、そのたびにアルマがレドとの思い出を語ってくれました。レドが子どもの頃からアルマは今と同じ姿だったようです。

竜人の寿命ってすごい長そう。老人の姿をしてる竜人って1000歳くらい?

事件現場の確認

ナルガクルガを倒したことで、長老からレドの後継者として認められました。
ちょっと長老が偉そうで気に入りませんが、まぁいいでしょう。

ここ最近モンスターが暴れ出しているのが、昔起きた事件と状況が似ているといいます。
その事件現場を確認しに行くことになりました。

ハルツガイ山ではナルガクルガに乗って移動します。ナルガクルガの隠密能力はかなり移動を楽にしてくれます。

敵と戦うことなくスイスイ探索を進めます。

跳ね橋のレバーが壊れているので探して修理します。なぜか宝箱の中にあるレバー。
誰が隠しやがったのか。

奥に進むと、とんでもない大穴を発見。さらに大穴からハコロ島で見た謎の光が。

これが破滅の前兆なのか、世界中で同じ現象が発生しているようです。
レドはこの原因を探して世界中を旅していたといいます。素晴らしい人物ですね。

破滅の光に興奮したのか、目が光ったリオレイアが襲い掛かってきました。さっさと返り討ちにしてしまうことにしましょう。

リオレイアはスピード型のようです。さらに打も突にも耐性があるようなので、片手剣による斬撃で戦っていきます。オトモンはイャンガルルガで。ダブルアクションが多発するように戦っていきます。

怒りだしたなら、パワー攻撃をしてきます。ナルガクルガがまだ育っていないので、ランマルにスピード攻撃をしてもらいました。

時々ダブルアクションで打ち消せない攻撃が来ますが、一撃でやられるほどの攻撃力があるわけでもなく、ダブルアクションをねらっていけば割と楽勝でした。

リオレイアを倒すと、なぜか謎の光が消え、絆石がパワーアップしました。

なんだかよくわからないですが、報告をしに村に戻ります。

破滅の伝説

絆石がパワーアップしたことが原因か、リオレウスの卵が反応をはじめ、ついに産まれました。産まれたリオレウスの翼は黒くて小さな翼で、飛べそうにありません。奇形でしょうか?

ところがそれを見た長老が、このリオレウスは破滅の翼を持つ伝説のモンスターだとか言い出します。ただの発育不全とかじゃないのん?

長老は村に伝わる伝説を話始めます。

昔、同じように翼のないリオレウスが産まれた時、各地で災厄が起き、人々はそれをレウスのせいだと言って迫害します。それから逃げようとしたレウスの背に翼が生え、レウスが飛び立つと光と共に世界が消滅したといいます。

いや、なにその無責任な伝説。消滅した世界がなんで存続しているのか、それどころか言い伝えが残ってるのか。そして、リオレウスが世界を滅ぼしたとしても、怒らせるようなことしてますよね。

って思ったけど、長老は先人が言い残したことに意味があるとか言います。クソ長老が。

ですが、長老の側近のザイード様が、いっそ力を目覚めさせて制御するのはどうかと提案してくれます。

良いこと言いますね。ちょっと悪人顔とか思ってましたが、よく見るとイケメン!

モンスターの力を制御する技を持つ竜人がクアン村にいると言います。しかも、ナビルーの知り合いっぽい感じです。ルトゥ村を旅立つ時が来ました。

アルマは村を守る仕事があるため、ここでお別れです。エナは引き続き旅に同行します。
エナに長老一族に伝わる護符が渡されます。

そして、次の目的地、クアン村へと旅立ちました。

2021/07/15

【モンスターハンターストーリーズ2】プレイ日記 その2


 草原の怪事件

草原の調査に行く前に、クエストボードを確認。
依頼が増えてるので、全部受けておきました。受注上限数ってあるのかな?ないのなら全部受けておいた方が得やね。

それから、南の洞窟の調査で手に入れた卵をかえします。
産まれたのはまたドスランポス。ドスラと名付けます。ドスランポスはもういらない。

ケイナと草原に向かうと、モンスターの痕跡を追う道具を出してきます。
その名も導虫。オープニングでハンターも使ってました。

痕跡を追っていくとイャンクックがいました。

イャンクックはテクニック型の敵のようで、相性の良いオトモンがいません。
相性負けしないように、同じくテクニック型のクルルと共に戦います。

装備強化をまったくしていなかったせいか、イャンクックはなかなかの強敵。
真っ向勝負で勝ってもそこそこダメージを食らいます。

ですが、ケイナさんが回復してくれるので、気にせず攻撃を続けました。

するとイャンクックが巣に帰っていきます。これは新しいオトモンがゲットできそう。
ケイナさんが帰巣のさせかたを教えてくれました。図鑑にも帰巣させるヒントが書いてあるみたいです。

とりあえず、ペイントボールで帰巣させれるみたいなので、ペイントボールがほしいですね。

巣の中は特筆するようなことは特になく、卵を奪ってさよならです。
イェンクック、ゲットだぜ。

洞窟から出ると、ネコタクが現れます。

簡単に言うとファストトラベルのポイントですね。
ネコタクに乗って帰りました。

南の古代巣

この後、南の古代巣の調査に向かいます。

古代巣にはビンの王冠というものがあるそうです。
奥ではドスファンゴが巣を作っていたので戦います。

ドスファンゴは大した強さではないのですが、戦闘中にアンジャナフが乱入してきました。
真っ赤な顔で大興奮です。

アンジャナフの攻撃は強力で、火を噴いて全員に大ダメージ。
全員体力が半分以下になった上に、火傷状態になってしまいました。

超ピンチ。しかし、ここで頼りになる師匠ケイナさんが、閃光玉で目くらまし。
辛くもアンジャナフから逃げのびます。

巣から逃げる前にビンの王冠と卵を奪ってから帰ります。

この卵からはドスファンゴが産まれました。

まだいなかったパワータイプのオトモンです。ファンゴータと名付けました。

ビンの王冠はメラルーが貴重なアイテムや、強化と交換してくれます。

北の森の調査

村に北の森へと調査に向かったライダー達が帰ってきました。
毒液をかけられて、逃げてきたみたいです。

毒液?ゲリョスでしょうか?
次は北の森の調査ですね。

調査に行く前に装備を強化しておきます。
巣で拾ったクルルアローを1段階強化し、ボーンククリを作り最大まで強化。
そして、レザー装備を最大強化します。

これで大分強くなりました。

ついでにサブクエストをクリアして片手剣技を覚えます。

北の森のすぐ近くに古代巣があったのでササッと探検し、北の森を調査します。
森の奥に居たのは毒妖鳥プケプケでした。

ゲリョスじゃなかったかー。

プケプケはテクニック型ですが、何か食べた後には毒攻撃をします。
しっぽがあるとそのタイミングで全体毒攻撃をしてきます。

装備強化をしておいたおかげか、対して苦戦もせずたおせました。
さぁプケプケの卵を持って帰りましょう。

プケプケは赤ちゃんもあまり可愛くないですね。プケーと名付けました。

護りレウスの巣

プケーを退治し、リオがライダーとしての実力が認められました。
そのおかげで、封鎖されていた護りレウスの巣に入れるようになり、調査に向かうことになります。

それにしても駆け出しのリオでも倒せるのに、逃げ帰ってきたライダーはちょっと鍛え方が足りないね。

封鎖されていた入口を通り、護りレウスの森に入ります。
あまり戦わずに奥まで向かいます。

森はかなり広かったのですが、ついに護りレウスの巣にたどり着きました。
そこに謎の少女がいて、リオに抱きついてきます。

どうやらリオの祖父、レドと間違えているようです。
すぐに誤解は解け、少女と話をしていたのですが、そこにアンジャナフが登場。

少女がレドの絆石を渡してきたので、身に着けて戦闘です。
装備も整えたし、あの時の雪辱を果たすぞ!

アンジャナフとの戦闘

1ターン目から狙われますが、ガードで様子を見ます。
どうやらアンジャナフはスピード型のようです。てっきりパワー型だと思ってました。

攻撃を受けますが、さすがにガードしていたなら大したダメージは受けません。

テクニック型ということで、プケーを呼んで攻撃します。
見事にダブルアタックに成功。

ダメージを与えていると炎熱蓄積をしだしました。
またターゲットになったので、弓スキルの絶対回避を行います。

どうやらアンジャナフはこのモードだとパワー攻撃になるようです。

炎熱蓄積モードはかなりダメージが大きく、全体攻撃もしてきます。

惜しまず回復の粉を使っていきました。

そして撃破。

ダメージは大きかったですが、1撃でやられることもないですし、回復を行っていれば危なげなく倒せた印象です。

旅立ち

アンジャナフを倒した後、レドの絆石が光だします。どうやらパワーアップしたもよう。

ほっと一息つくと、少女が自己紹介を始めます。
少女の名前はエナ。レドの友人の竜人です。

よく見るとエナの指はガラ様と同じく4本です。
指が4本というのは竜人の特徴なんですね。あと、ガラ様って竜人だったんですね。そういえば耳も尖ってるわ。

エナの話によると、レウスが飛び立った事件はこの島だけでなく世界中で起きている見たいです。そして、レドによるとそれは災厄の前兆だというのです。

そんなことを話していると、クソハンターがレウスを探して巣に近付いてきました。
このままだとエナの持っているレウスの卵がどうなるかわかりません。

そこで、リオとエナはハンターから逃げるため、竜人族の村へと向かうことになりました。

護りレウスの巣のすぐ近くには、こんなこともあろうかとガラ様が用意しておいた船が置いてあります。そして、ガラ様とケイナに見送られ、リオとエナが島から旅立っていきました。