2021/03/30

【A列車で行こう はじまる観光計画】達人攻略ガイド マップ「はじまる観光計画」



この記事は【A列車で行こう はじまる観光計画】の最初のマップ「はじまる観光計画」の難易度達人での攻略ガイドです。

 クリア条件


最初のマップのクリア条件は、1年以内に観光客20万人の達成と、人口を2万人以上にすることです。

街の初期人口は8722人なので、1年で1万人以上も人口を増やさなければなりません。

観光名所の那賀代城は観光集客力は最高なので、ルートをしっかりつなげば、観光客が続々とやってくるのですが、初期資金が少なく、一気にルートは繋げません。資金を増やしながらルートを伸ばしていきます。

観光ルート開設


ゲーム開始したら銀行にお金を借ります。8億ちょっとしか借りられませんがないよりはましです。どうせ1年でゲーム期間は終了するので返す必要もありません。限度いっぱいまで借りましょう。

これで初期資金と合わせて約55億になりました。

それから、隣町から那賀代城まで線路を伸ばします。
資金が心許ないので、単線で繋ぎます。那賀代城前に駅も作り、合計で11億ほど費用かかります。


駅の用意ができたので、初期配置されている列車の運行計画を設定しましょう。
そのままの営業路線だと、隣町に行かなくなっているので、那賀代城から戻ってきた際の榎守駅前のポイントで路線を切り替えて、隣町まで進むように設定します。

営業時間は6時~23時に設定します。深夜にはほとんど乗客がいません。

これでひとまず、観光地へのルートができました。

今後、南側の隣町にもルートを繋ぎたいので、那賀代城前の駅から先の用地を少し買収しておきましょう。

マンション売却で資金稼ぎ

残ったお金で線路拡張の資金を稼ぎます。
期間が短いため、鉄道収入や子会社収入を待っている時間はありません。
立地の良い場所に子会社を建て、即座に売り、その差額で資金を稼ぎます。

南榎守駅前には病院と学校があり、住宅の立地がかなり良く、作れば作るほど儲かります。
マンションを建てれば人口も増えますし、一石二鳥です。

このあたりの土地を広く買収してマンション用地にしましょう。かなり資金は減りますが、すぐに稼げます。

マンションを早く建てられるほど、早く稼げるので資源が欲しいのですが、上手い具合にすぐ南に工場があります。ここと道路を繋いで資源を運びます。

道路を繋ぐ前に行政施策を確認してください。榎守村に道路を建設する行政施策があります。これを受けてから道路を建設しましょう。

道路を建設したなら、トラック駐車場を作ります。
この世界のトラックはなぜか、対向車線の駐車場に入らないので、進行方向の左側に駐車場を作るようにしてください。

駐車場ができたら、トラックを1台配置し、マンション建設予定地側の駐車場で資源を降ろすように設定します。営業時間はそのまま24時間資源を運び続けてもらいましょう。ああ、超ブラック。

あとは、マンションを建設後に売れば、人口も資金も増えていきます。
同じ型のマンションを建設すると、立地は悪くなるのですが、元々の立地が良すぎるため、3,4くらい同じ型のマンションを作っても高く売れます。気にせず作れるマンションを作って下さい。


ただし、高層マンションは2つ目から安くなり始めるので注意が必要です。

子会社の売却で資金を稼ぐので、あまり関係はないのですが、従業員数がたりていないのでプランの人員増強を実行しておきましょう。ブラック企業は嫌ですもんね。

従業員数が十分になれば、プランでは季節ツアーを実行し、観光客数を増やしておきます。

バスを走らせる

少し資金が溜まってきたなら、道路を伸ばし、バスで街の発展を進めます。
隣町から棟本駅まで道路が通し、家の多い箇所にバス停を作り、4台ほどバスを走らせます。

バスの営業時間は6時~23時までにしておきます。

街が発展するにつれて、初期配置の電車が客を乗せ切れていないことに気付くと思います。
編成数を5両に増やしましょう。それでも乗せ切れないかもしれませんが、今の駅はホームの長さが5マスしかないのでひとまずこの両数で進めます。

もう一つの観光ルートを開設

資金が60億を越えたなら、南側の隣町へ線路を伸ばしましょう。
まだ線路全体を複線にするほどの資金はないので単線ですが。

しかし、単線を伸ばしただけだと列車が1台しか走らせられないので、東側を走る電車と南側の電車でわけて運行します。
那賀代城前の駅のホームを2つに増やし、それぞれ方面の電車が別のホームを使うように設定します。

隣街に線路を接続すると8億ほどかかるので、資金節約のため南側の街とは線路を接続せず運用しましょう。初期から接続されている道路でバスを使って観光客を連れて来ます。

これで、南側からも観光客が来るようになりました。

さらに発展させる

あとは、ひたすらマンション建設でクリアできると思いますが、発展を進めるため、榎守村の道路を伸ばしてバスを走らせましょう。いまさらですが、行政施策達成です。

時間を進めると、期間の半分がすぎた10月時点で、人口条件はほぼ達成し、観光客条件も半分以上達成しています。

そのまま放置でもクリアできそうですが、観光客数の増加を進めてみます。

東側の駅のホームの長さをすべて7マスまで増やします。そして、運行列車を7両に増やします。

さらに那賀代城前から榎守駅側の線路の複線化を行います。隣町の接続部分まで複線化を行えば、複数の列車が走らせられるようになります。

しばらく経てばクリアです。

【A列車で行こう はじまる観光計画】記事一覧

2021/03/23

【Ratropolis】攻略 航海士指導者の攻略


 
この記事では【Ratropolis】の航海士指導者の攻略情報を書いています。
指導者別の攻略

 指導者の特徴

全体的に性能の良いカードが多いのですが、使うたびに在庫が減り、無くなると使えなく在庫カードや、使うたびにコストが上がる悪名カードなど、使用に制限がかかるようなカードが効果があります。

ただ、在庫や悪名はデメリットだけではなく、在庫や悪名が増えれば増えるほど能力が上がるカードなどもあります。

また、他の指導者のカードを使えるカードや、特定条件を達成すると強力なカードが手に入る、任務カードなどもあります。

方針

範囲攻撃ができるユニットの攻撃力をひたすら高めて防衛を行っていきます。

指導者能力


指導者レベル分だけ、手札の在庫カードの在庫を増やします。

在庫カードをどれだけメインの戦力にするかによって重要度が変わってきます。
在庫量によって能力が上がるカードを使うなら、できるだけ指導者レベルを上げたいです。

基本助言者


再ドロー実行時の手札数だけ、次の無料再ドローまでの秒数が減ります。
これはかなり強力な能力で、デッキに無駄なカードが増えた場合の影響が減らせます。

できるだけ手札数を多くし、必要のないカードは使わないようにしましょう。

ゲーム開始直後


固有のカードは、甲板員と収奪です。

どちらも他の指導者の初期カードよりは能力は高めなのですが、甲板員は在庫カード、収奪は悪名カードと、使用に制限があります。
特に収奪は使えば使うほどコストが高くなり稼げなくなるので、悪名を減らすカードがなければ、使えるのは序盤のみです。

甲板員は、他の指導者よりも強めとはいえ、しょせん初期カードです。
軍事カードも経済カードも早めに他のものが欲しいところです。

お金の稼ぎ方


在庫を切らさないようにできるなら、チューリップ。
悪名カードを使うなら逮捕が稼げるカードです。

どちらも使い始めはそれほどでもないですが、後半になれば莫大な金貨が稼げるようになります。

中盤まで頼りになる軍事ユニット


盾として海賊が優秀です。

最初は弱いユニットなのですが、悪名が増えれば増えるほどHPが上がり、ゲーム終盤でも役に立ちます。
強くなった分金貨が必要になるので、稼げるようにしておかないといけません。

範囲ユニットの攻撃力を高める

いくら優秀な盾ユニットがいたとしても、守っているだけでは勝てません。


攻撃ユニットが必要です。攻撃ユニットは迫撃砲兵が攻撃力が高く、射程距離が広く、複数の敵に攻撃できると優秀です。さらに、宣教師を配置すれば時間が経つごとに攻撃力を強くできます。

複数の宣教師と複数の迫撃砲兵のいるグループを作っておけば、どんどん強くなっていきます。

在庫によって強くなるカード


アンロックは遅めですが、砲撃は雑魚を一掃するのにかなり役に立ちます。
できるだけ在庫が20以上ある状態にしておきましょう。

射撃手も使用市民数が少ないわりに優秀な攻撃力です。

市民数が十分いるのであれば、カードを引ける准士官も役に立ちます。

他の指導者のカード

航海士は他の指導者のカードが使えるカードもあるのですが、ランダム性が高くなかなか役には立ちません。
霊魂が必要なカードがきても、航海士では活用しにくいですし、他にもコンボカードなんかも利用しにくいです。

任務カード


任務カードには特定の条件が書いてあります。その条件を達成すると、かなり強力なカードが得られます。

ただし、手に入れたカードは、手札にある時しか効果が発揮されないので、デッキを圧縮しないとなかなか有効に使えません。


吟遊詩人を使う場合なら、任務カードを手に入れること自体に意味があります。

攻略ポイント

とにかく攻撃力が高まった迫撃砲兵が死なないようにしましょう。
最前線から1つ手前の防壁からでも、迫撃砲兵は攻撃が届くので、迫撃砲兵はそこに配置しておいた方が良いかもしれません。

迫撃砲兵は足が遅いので防壁が突破されてしまうと高確率で死んでしまいます。


それから、図書館や灯台といったドロー数を増やすカードは早めに手に入れたいです。
航海士の場合、ドロー数だけでなく再ドローまでの時間にも影響します。

カードを引くカードや、備蓄カードも他の指導者よりも役に立つので多めに入れておきましょう。

【Ratropolis】記事一覧

2021/03/18

【Ratropolis】攻略 呪術師指導者の攻略



この記事では【Ratropolis】の呪術師指導者の攻略情報を書いています。
指導者別の攻略

 指導者の特徴

呪術師指導者では味方や敵のユニットが死ぬたびに、霊魂が得られます。
得られた霊魂は、手札の霊魂吸収カードや、建設済みの霊魂建物にチャージされ、生産能力が使えるようになったり、効果が強化されたりします。

霊魂に関するカードがかなり多くあり、軍事ユニットを召喚するカードも多くあります。
霊魂は貯まると強いのですが、貯められないとかなり弱く、召喚能力があるためか、軍事ユニットも弱めです。

特有の状態異常として、一定時間ごとにダメージを与える呪いと、敵が同士討ちを始める混乱があります。

方針

状態異常の混乱がかなり強く、混乱を使って防衛を行っていきます。

しかし、ボスが単体で残ってしまうと、混乱だけでは倒せなくなるので、ダメージを与えるカードも用意しておきます。

指導者能力


墓地のカード×指導者レベル分の霊魂を手札や建設済みの建物にチャージします。

効果的に使うには、デッキのカード数を増やし、高い指導者レベルに上げないといけませんが、上手く使えれば一気に霊魂が集まります。
霊魂カードを使うために指導者レベルはできるだけ上げていきましょう。

基本助言者


味方のユニットが死ぬたびに敵にダメージを与えます。

後半にはあまり役に立たなくなりますが、序盤の防衛はかなり助けてくれます。

ゲーム開始直後


初期デッキの固有カードは禁止された取引と斥候兵。

禁止された取引は霊魂が貯まらないと金貨が得られないため、序盤はなかなかお金を産んでくれません。
斥候兵はカード備蓄効果付きのユニットで、初期カードにしてはまぁまぁの性能です。

お金の稼ぎ方


お金を稼ぐには霊魂花がかなり役に立ちます。
ただし、呪いを付与するのでしばらくするとユニットが死亡します。

軍事ユニットが死ぬことを見越して、デッキには多めに軍事カードを入れ、市民数ギリギリまで配置するようにしておくようにしましょう。
最前線が呪いによって崩れるのが不安であれば、一つ手前のところに霊魂花ようのグループを作りましょう。
斥候兵と戦士は呪いにかからないので注意してください。


霊魂が稼げるようであれば、キノコやキノコ農場もそれなりにお金を稼いでくれます。

中盤まで頼りになる軍事ユニット


侍祭が安く、使用市民数が少なく、死んだ後に骸骨ネズミを1体出す、とそれなりの性能です。
助言者能力で攻撃とは別に10ダメージを与えられますし、コストとしてユニットを削除するカードが2回使えます。


供物でグループ全体の攻撃力をあげれば、かなり防衛しやすくなります。


敵の進行を遅らせたいのであれば、強化した族長を配置しましょう。斥候を8体も持ってこれます。配置済みの族長自体は役に立たないので、カードコストに使います。

とにかく蛾を出す


呪術師の防衛の要はガ術師です。配置時に召喚されるガが敵を同士討ちされてくれます。
ガ術師はデッキに複数あってもかまいません。できるだけ手に入れましょう。そしてできるだけ強化しましょう。

ガは敵からダメージを受けなくても、呪いによって10秒ほどで消えてしまいます。
市民数に空がないなら、配置済みのガ術師やその他のユニットに死んでもらって、次々にガ術師を配置できるようにします。

ガで敵を混乱させ続けたなら防衛はほぼ成功します。

ボス対策

ボスが単体で登場する場合や、雑魚を倒してしまってボスだけが残る場合もあります。もしそうなってしまうと、ガでは倒せなくなります。
なので中盤ぐらいからボス対策カードを用意して、霊魂を貯めていきます。


一番良いカードは呪いの人形です。できれば500以上貯めておきます。呪いを500付与できたなら30ウェーブ目のボスも1分ほどで倒せます。
精神崩壊カードでも大ダメージを与えられますが、一発でボスを倒せるぐらいまで霊魂を貯める必要があります。


霊魂収穫者も霊魂を貯めることで、大ダメージが与えられるようになりますが、死なないようにかなり注意しないといけません。

おすすめ建物


墓地がかなりのおすすめです。
捨て札の軍事カードが使えるようになるので、前線を一気に建て直せます。


それから、スズメの巣もおすすめです。
ガは死にやすく、敵から攻撃を受けて混乱させる前にあっさり死ぬこともあるのですが、スズメの巣が気絶させることで死ににくくなります。

攻略ポイント

呪術師の軍事ユニットはHPの低いものが多く、カードのコストとしてユニットが死んでいく事も多いので、ユニットは死ぬことを前提にしましょう。
死んだあとに補充をしやすいようにデッキに軍事カードを多めに入れておきます。

ガ術師がデッキ内に増えていくにつれて、防衛が楽になっていくので、ガ術師が手に入るチャンスは逃さないようにしてください。

【Ratropolis】記事一覧

2021/03/13

【Ratropolis】攻略 科学者指導者の攻略



この記事では【Ratropolis】の科学者指導者の攻略情報を書いています。
指導者別の攻略

 指導者の特徴

科学者は他の指導者に比べ技術カードが多くなっています。
技術カードの攻撃力を高めるカードも多く、技術カードを上手く使いこなせれば、防衛できるようになっています。

カードには指導者能力に関連するカードが多くあるのですが、基本助言者の能力で指導者能力が使いやすくなっています。
軍事カードにはネズミボットというカードがあり、ネズミボットに関するカードも多くあります。

攻撃能力には、電子という貯まると大ダメージを与えるもの、汚染という貯まれば貯まるほどダメージが増えるものがあります。

方針

電子ダメージや技術カードの攻撃力を上げ、技術カードや攻撃能力によるダメージでの防衛を目指します。

指導者能力


レベル×3枚のランダムな技術カードから1枚を選んで無料で使える能力です。

カードが役に立つかどうかは完全に運しだいで、あまり信頼できません。
しかし、変異カードを使う場合、指導者能力を使うこと自体に意味があります。

基本助言者


技術カードを使うと、指導者能力のクールタイムが減る能力を持ちます。
上記でも書いたように、変異カードをなんども使いたい場合には便利な能力です。

ゲーム開始直後


固有のカードは実験用ネズミと廃棄物です。
実験用ネズミはあまり強くないですが、突然変異体になるとなかなかのHPになり、優秀な序盤の盾役になります。

廃棄物は使うだけでお金が入るカードで、序盤のお金稼ぎは商人以上に稼ぎやすくなっています。

指導者能力で運良く保存が使えるようになったなら、チーズと軍事カード2枚を維持するようにしましょう。
それだけで、チーズと陶工での収入が増えますし、経済カードが手札に来やすくなります。

あとは、有料再ドローで経済カードを使いまくれば序盤で2000金貨ぐらいまで貯まったりします。

お金の稼ぎ方

序盤と同じく、保存を使い経済カードを回す方法があります。
ただし、この稼ぎかたの場合、デッキのカード枚数を増やしにくくなります。


技術カードを多めにデッキに入れるなら、穂を使うとかなり稼ぎやすいです。


ネズミボットを多めにデッキに入れる場合は、溶解やネズミボットレンタルが使えますが、こちらはアンロックされるのは遅めです。

中盤まで頼りになる軍事ユニット


防御ネズミボットはHPが高く、盾役に最適です。

ただし、攻撃力は低いためなにかダメージを与える方法がないとなかなか敵は倒せません。死亡時に屑鉄カードが2枚くることにも注意してください。

うまく屑鉄が手札に複数ある状態で配置できたなら、ゲーム後半でも頼りになる盾になってくれます。

有用な建物


工場は建てて損はしません。再ドロー時間が早くなるのはそのままユニットを増やす速度やお金を稼ぐ速度に直結します。

できれば増築して再ドロー時間を-5にしましょう。再ドロー時間が-10ぐらいになれば、手札のカードを使い終わったところで再ドローできるぐらいにまで早くなります。


発電所もかなり役に立ってくれます。バッテリーは技術カードで、指導者能力のクールタイムを減らしてくれますし、ユニット配置前に使うだけで、防衛力がかなり変わります。
建物を建てる前にはバッテリーで強化するようにもしておきましょう。

上記の2つの建物はどんなデッキの場合でも役に立つでしょう。

電子でダメージ

カード運が少し必要ですが、科学者で一番戦いやすいのは、電子攻撃ができる技術カードで戦う方法です。


まずは、できるだけ研究員を配置し、技術カードのダメージ量を上げていきます。
研究員はなるべく強化した状態で配置しましょう。
使えるならアジト、雷電塔を建ててさらにダメージを上げていきます。


あとは、最高出力、バチッバチッを複数枚手に入れて、静電気を使いまくって敵を倒します。


静電気を使い始める前に、熟練が使えたならかなりのダメージを与えられます。

汚染でダメージ

汚染をどれだけ重ねられるかが勝負です。


メインとなるのは疫病医。このユニットを大量に配置したいです。
疫病ネズミポッドも使いながら汚染を重ねていきましょう。

ネズミボットでの防衛

アンロックが進めばネズミボットメインでの防衛も可能になります。

ネズミボットは死亡前提で運用するので、手札に大量の屑鉄が来ます。


屑鉄を処理するために、リサイクルや屑鉄処理場を用意しておきましょう。特にリサイクルは多めに用意してください。


強化した爆破ネズミボットが手に入れば、十分なダメージを与えられるようになります。

ネズミボットは使用市民数は少ないですが、お金が結構かかるので注意してください。

指導能力を使いまくる防衛


探索、技術支援、ダイスのような手札を増やせる技術カードが複数あれば、指導者能力のクールタイムをかなり減らせます。

指導者能力が何度も使えるなら、攻撃力が上がる小銃兵や変異で強くなる怪物の卵での防衛が可能です。

ただし、金貨も市民も使うので難易度は高めです。

攻略ポイント

まずは、アンロックカードが少なくてもクリアできる電子ダメージデッキを使うのをおすすめします。

強化した科学者を20人ほど配置すれば、静電気1回で42ものダメージを与えられます。
技術ダメージがそこまで上がってしまえば、ウェーブ30のボスも倒せるでしょう。

【Ratropolis】記事一覧