ラベル MTG アリーナ-攻略 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル MTG アリーナ-攻略 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/11/08

【MTG アリーナ】攻略 おすすめのアーティファクトカード



2018/11/06

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑レア・神話レアカード



2018/11/04

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑アンコモンカード



2018/11/02

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑コモンカード



2018/11/01

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの赤レア・神話レアカード



【MTG アリーナ】の赤のレア・神話レアカードで使いやすく、おすすめなカードを独断と偏見で選んだ。

2018/10/29

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの赤アンコモンカード



2018/10/28

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの赤コモンカード



2018/10/23

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの黒レア・神話レアカード



【MTG アリーナ】の黒のレア・神話レアカードで使いやすく、おすすめなカードを独断と偏見で選んだ。

レア

イクサラン/Ixalan

ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:インスタント
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを追放する。あなたは2点のライフを得る。
4マナと少し重いが、プレーンズウォーカーを対象にできる上に、追放するため墓地から再利用もできないようにする。
回復効果は単体でみるとおまけ程度の効果だが、回復をトリガーに能力発動するカードと絡ませることができる。

イクサランの相克/Rivals of Ixalan

凶兆艦隊の毒殺者/Dire Fleet Poisoner

マナ:(1)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 人間(Human)・海賊(Pirate)
瞬速

接死

凶兆艦隊の毒殺者が戦場に出たとき、あなたがコントロールしていて攻撃している海賊(Pirate)1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受けるとともに接死を得る。
2/2
瞬速と接死持ちで2マナと軽いため、攻撃してきた相手クリーチャーの除去呪文として使える。
さらに、味方の海賊を強化することもできるので、コンバットトリック呪文としても役に立てる。

ドミナリア/Dominaria

戦慄の影/Dread Shade

マナ:(黒)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― シェイド(Shade)
(黒):ターン終了時まで、戦慄の影は+1/+1の修整を受ける。
3/3
使うなら黒単色デッキとなるが、+1/+1の能力は非常に有効。
他の呪文を唱えなければ、4ターン目に最高で7/7のサイズとなる。
黒マナを残しておけば、うかつに攻撃できないので、牽制することもできる。

リッチの騎士、ジョス・ヴェス/Josu Vess, Lich Knight

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:伝説のクリーチャー ― ゾンビ(Zombie)・騎士(Knight)
キッカー(5)(黒)(あなたはこの呪文を唱えるに際し、追加で(5)(黒)を支払ってもよい。)

威迫

リッチの騎士、ジョス・ヴェスが戦場に出たとき、これがキッカーされていた場合、威迫を持ち黒の2/2のゾンビ(Zombie)・騎士(Knight)クリーチャー・トークンを8体生成する。
4/5
4マナ威迫持ちの4/5のかなり強いクリーチャー。
キッカーで起動できたならさらに強いが、10マナも必要となるので、キッカー能力についてはあまり期待しないでおこう。

基本セット2019/Core Set 2019

惨劇の悪魔/Demon of Catastrophes

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― デーモン(Demon)
この呪文を唱えるための追加コストとして、クリーチャー1体を生け贄に捧げる。

飛行、トランプル
6/6
生贄が必要だが、4マナで6/6の飛行、トランプルのクリーチャーは破格の能力。
ただし、除去呪文やバウンス呪文をくらった場合のデメリットは大きい。

死の男爵/Death Baron

マナ:(1)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― ゾンビ(Zombie)・ウィザード(Wizard)
あなたがコントロールするスケルトン(Skeleton)とあなたがコントロールする他のゾンビ(Zombie)は、+1/+1の修整を受けるとともに接死を持つ。
2/2
ゾンビデッキなら必須のゾンビ、スケルトンのロード。
ゾンビは並べやすいので接死がかなり有効となる。
タフネスは低いので、除去には注意。

墓地の司令官/Graveyard Marshal

マナ:(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― ゾンビ(Zombie)・兵士(Soldier)
(2)(黒),あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を追放する:黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークン1体をタップ状態で生成する。
3/2
ダブルシンボルだが、2マナ3/2とそれだけでも優秀なクリーチャー。
墓地のクリーチャーをゾンビにする能力は墓地利用デッキでなくても役に立てる。

ラヴニカのギルド/Guilds of Ravnica

煤の儀式/Ritual of Soot

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:ソーサリー
点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャーをすべて破壊する。
どんなデッキ相手にも使えるというわけではないが、自分のデッキを4マナ以上のクリーチャーにしておけば、アドバンテージを稼ぎやすい。
相手がウィニーやトークンデッキなんかだと、一発で戦線を吹き飛ばしながら、自分のフィニッシャーは戦場に残せる。

霊廟の秘密/Mausoleum Secrets

マナ:(1)(黒)
タイプ:インスタント
宿根 ― あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがあなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数以下である黒のカード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
たったの2マナでライブラリからカードを探せる呪文。
ただし、墓地にクリーチャーを落とす必要がるので、墓地利用デッキでないとマナコストが多い呪文を探すのは難しい。

神話レア

イクサランの相克/Rivals of Ixalan

黄昏の預言者/Twilight Prophet

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 吸血鬼(Vampire)・クレリック(Cleric)
飛行

昇殿(あなたがパーマネントを10個以上コントロールしているなら、このゲームの間、あなたは都市の承認を得る。)

あなたのアップキープの開始時に、あなたが都市の承認を持っている場合、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開し、それをあなたの手札に加える。各対戦相手はそれぞれX点のライフを失い、あなたはX点のライフを得る。Xは、そのカードの点数で見たマナ・コストに等しい。
2/4
昇殿をしている状態なら毎ターンアドバンテージを稼げる。
使う場合は昇殿を早めに目指せるデッキにしよう。

ドミナリア/Dominaria

ファイレクシア教典/Phyrexian Scriptures

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:エンチャント ― 英雄譚(Saga)
(この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。)

I ― クリーチャー最大1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。そのクリーチャーは、それの他のタイプに加えてアーティファクトになる。

II ― アーティファクトでないクリーチャーをすべて破壊する。

III ― 対戦相手すべての墓地からカードをすべて追放する。
Ⅱの全体除去の効果を狙って使うことが多い。全体除去を行った場合も自分のクリーチャー1体は残せる。
墓地利用デッキへの対策にもなる呪文。

基本セット2019/Core Set 2019

死が触れぬ者、リリアナ/Liliana, Untouched by Death

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:伝説のプレインズウォーカー ― リリアナ(Liliana)
[+1]:あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚あなたの墓地に置く。そのうち少なくとも1枚がゾンビ(Zombie)・カードであるなら、各対戦相手はそれぞれ2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。

[-2]:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-X/-Xの修整を受ける。Xはあなたがコントロールしているゾンビの総数に等しい。

[-3]:このターン、あなたはあなたの墓地からゾンビ・カードを唱えてもよい。
4
ゾンビデッキ専用のプレーンズウォーカー。
ゾンビデッキなら間違いなく役に立つ。

ラヴニカのギルド/Guilds of Ravnica

破滅を囁くもの/Doom Whisperer

マナ:(3)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― ナイトメア(Nightmare)・デーモン(Demon)
飛行、トランプル

2点のライフを支払う:諜報2を行う。(あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。)
6/6
5マナで6/6と十分なサイズを持ち、さらに飛行、トランプル持ちとフィニッシャーとして十分な能力を持つ。
ライフを2点使うが、諜報2は手札の質が高められ、墓地を肥やすことにも使える。


--




2018/10/22

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの黒アンコモンカード



【MTG アリーナ】の黒のアンコモンカードで使いやすく、おすすめなカードを独断と偏見で選んだ。

 イクサラン/Ixalan

 板歩きの刑/Walk the Plank

マナ:(黒)(黒)
タイプ:ソーサリー

マーフォーク(Merfolk)でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
マーフォークデッキに対しては無力だが、2マナで破壊できる効果は魅力的。

 探求者の従者/Seekers' Squire

マナ:(1)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 人間(Human)・スカウト(Scout)

探求者の従者が戦場に出たとき、これは探検を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地であるなら、そのカードをあなたの手札に加える。そうでないなら、このクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置き、その後、そのカードを戻すかあなたの墓地に置く。)
1/2
うまくいけば、2マナで2/3になると優秀なクリーチャーとなる。
1/2のだったとしても、土地が手に入る上にライブラリを進ませられる探検の能力は強力。

 帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter

マナ:(1)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 人間(Human)・海賊(Pirate)

飛行

帆凧の掠め盗りが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を選ぶ。帆凧の掠め盗りが戦場を離れるまで、そのカードを追放する。
1/2
相手の手札が確認でき、さらに1枚追放できる強力な能力を持つ。

 イクサランの相克/Rivals of Ixalan

 サディストの空渡り/Sadistic Skymarcher

マナ:(2)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 吸血鬼(Vampire)・兵士(Soldier)

この呪文を唱えるための追加コストとして、あなたの手札から吸血鬼(Vampire)カード1枚を公開するか(1)を支払う。

飛行、絆魂
2/2
吸血デッキで使い、3マナで召喚しよう。
3マナで召喚できるクリーチャーとしては優秀。

 貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra

マナ:(2)(黒)(黒)
タイプ:クリーチャー ― ビースト(Beast)・ホラー(Horror)

貪欲なチュパカブラが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
2/2
相手のクリーチャーを減らしつつ、自分のクリーチャーを増やせる能力は強力。

 ドミナリア/Dominaria

 悪意の騎士/Knight of Malice

マナ:(1)(黒)
タイプ:クリーチャー ― 人間(Human)・騎士(Knight)

先制攻撃

白からの呪禁(このクリーチャーは、対戦相手がコントロールしている白の呪文や能力の対象にならない。)

いずれかのプレイヤーが白のパーマネントをコントロールしているかぎり、悪意の騎士は+1/+0の修整を受ける。
2/2
2マナ2/2の先制持ちというだけでかなり優秀。
白黒デッキなら2マナ3/2として運用もできる。

 最古再誕/The Eldest Reborn

マナ:(4)(黒)
タイプ:エンチャント ― 英雄譚(Saga)

(この英雄譚(Saga)が出た際とあなたのドロー・ステップの後に、伝承(lore)カウンターを1個加える。IIIの後に、生け贄に捧げる。)

I ― 各対戦相手はそれぞれクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げる。

II ― 各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨てる。

III ― 墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーであるカード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。
効果が発動されるまで時間がかかるが、3つめの能力が強い。
墓地利用デッキなら採用候補。

 喪心/Cast Down

マナ:(1)(黒)
タイプ:インスタント

伝説でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
相手のデッキによってはキーカードを除去できないことがあるとはいえ、2マナでのインスタント除去はかなり使いやすい。

 基本セット2019/Core Set 2019

 殺害/Murder

マナ:(1)(黒)(黒)
タイプ:インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
2マナの除去呪文があることを考えると、ダブルシンボルの3マナは少し重いが、インスタントでどんなクリーチャーでも対象にできるので、信頼性は高い。

 戦墓のグール/Diregraf Ghoul

マナ:(黒)
タイプ:クリーチャー ― ゾンビ(Zombie)

戦墓のグールはタップ状態で戦場に出る。
2/2
召喚したターンは、ブロックに参加できないというデメリットはあるものの、1マナで2/2は強い。


 ラヴニカのギルド/Guilds of Ravnica

 壊死性の傷/Necrotic Wound

マナ:(黒)
タイプ:インスタント

宿根 ― クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。このターン、そのクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。
墓地利用デッキで使った場合、1マナで相手のフィニッシャーを除去できる除去呪文となる。

 名声の代価/Price of Fame

マナ:(3)(黒)
タイプ:インスタント

この呪文が伝説のクリーチャーを対象とするなら、これを唱えるためのコストは(2)少なくなる。

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。

諜報2を行う。(あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚見て、そのうちの望む枚数をあなたの墓地に、残りをあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。)
4マナだがシングルシンボルで使えるインスタント除去。
諜報2があるので、墓地利用デッキなら墓地に落とす手段にもなる。


--




2018/10/21

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの黒コモンカード



2018/10/20

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの青レア・神話レアカード



2018/10/19

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの青アンコモンカード