2021/04/10

【A列車で行こう はじまる観光計画】達人攻略ガイド マップ「通える古都を目指して」



この記事は【A列車で行こう はじまる観光計画】の「通える古都を目指して」の難易度達人での攻略ガイドです。

 シナリオについて

通える古都を目指しては、昭和30年に始まるシナリオです。

時代が古く、物価や土地が安いのですが、建設できる子会社のバリエーションは少なく、高額な子会社もあまりありません。
そのため、子会社の売買で素早く稼ぎにくくなっています。

クリア目標は住宅経済規模200億円以上、年間観光客数100万人以上、鉄道総延長120km以上の3つです。

住宅経済規模は列車をしっかり走らせたなら、自然と達成できる数です。

年間観光客数100万人以上は多く見えますが、観光名所3つの集客力が高いため、隣町から滞りなく観光客を運べば十分に達成できる数値です。

一番の問題は鉄道総延長です。この条件達成する資金をどう調達するかがクリアのポイントです。

1年目は住宅経済規模、観光客数の達成を目指して鉄道を伸ばし。
達成確実となったなら、とにかく鉄道を伸ばしていくことにします。

鉄道敷設準備

ゲームが開始したなら、銀行へ直行です。もちろん今回も4年借りて踏み倒します。
借りられる金額は7億5000万と少なく感じますが、この時代は物価が安いためかなりの助けになります。

初期からある子会社は伐採所を除いて売りに出します。
この3つはほとんど利益がでません。

残した伐採所は有効活用します。
この伐採所はマップの北西部にあるのですが、最初から西の街まで道路が繋がっています。
数量制限なしの売却契約を結び、トラックで農作物と木材を運搬しましょう。

次に行うのは株式の購入です。
株式優待で鉄道にかかる費用を少しでも減らします。

購入するのは、太平洋レールと永住不動産。
それぞれ、20万株購入します。

これで、鉄道敷設の準備ができました。

鉄道敷設

まずは、初期からある鉄道を伸ばします。
3つある観光名所を回るように大きな環状線を作ります。

駅のホームは2つ、長さは5マスにし、追い越しができるように駅の部分だけを複線にしておきます。追い越しできるようにするのは必須というわけではありません。

北西の観光名所は駅と直接つながっていないので、バスで観光客を運ぶようにバス停を作り、バスを走らせましょう。

環状線ができたなら、南と西から観光客を運ぶための鉄道を敷設します。

マップの南西の端から西の街に繋ぎます。そして、方星寺前を通り、南の街へと繋いでください。接続部分を複線にしてマップ外で環状線になるようにします。

方星寺前には駅を作り、環状線に乗り換えられるようにします。

駅の位置には注意してください。スクリーンショットの位置だと、乗り換えができず、バスを走らせるハメになりました。

次に北の街へ繋ぐ線路です。
マップの北西の住宅地から北の街までまっすぐ線路伸ばします。

駅はホームを2つにし、手前で分岐を作って下さい。駅を使って追い越しができるようにしておきます。

鉄道敷設はここで一旦終了です。現時点の鉄道総延長は86kmです。

列車の配置

鉄道ができたので、列車を配置したいのですが、ほとんど資金が残っていません。
株を売って資金を調達します。

旅行客が増えるため、初期から保有している旅行館の株主優待は残るようにしておきましょう。太平洋レールも残しておいた方がいいかもしれません。

資金ができたなら、資材置き場をそれぞれの駅前に作っていきます。
資材は北の街から購入するため、北西の駅前には巨大な資材置き場を作ります。

次に列車の購入です。
3両編成の近郊列車を8編成、資材車両を4つ繋げた機関車を3編成購入します。
近郊列車は1本を北の街に向けて、2本を南と西の街に向けて、残りを環状線に配置します。

機関車は1本を北の街に向けて配置し、2本を環状線に配置です。

近郊列車と機関車が別のホームを使うようにポイントの設定を行い、駅で追い越しができるようにしておきます。

環状線の列車に運休時間を作ると、駅で詰まることがあるので、24時間働いてもらった方がいいかもしれません。

北への線路の折り返し時に衝突しないように、システムで列車間隔を開いておきましょう。

北の街と資材購入契約を結び、資材を大量に運び込みます。
それを2本の機関車で環状線の各駅に運びましょう。

資材購入で資金がどんどん減りますが、元は取れるので大丈夫です。
資金がマイナスにならないようにだけ注意してください。

1年目終了まで

残った資金で子会社を建設します。
子会社が建ったらすぐに売り出します。発展している駅の近くであれば、赤字にはならないはずです。

売れるまで時間がかかるため即座に資金を増やすことはできませんが、こつこつ稼いで行きます。

関連する行政施策があれば、受けるようにしてください。利益が大きくなります。

しばらく進めると、資材購入の期限が切れます。運び込んだ資材がなくなったら機関車を撤去します。また新たな資源購入の契約ができたなら、再配置です。

子会社売却で資金が貯まったら、それぞれの街へと走っている列車を5両編成にしていきます。それから、北の街への近郊列車を1本増やします。

その後、環状線を走る列車の編成数を5両に増やしていきます。
無理な拡張はせず、ゆっくり増やしてください。子会社を建てる資金まで使ってしまうと、資金繰りが難しくなってしまいます。

そして、季節ツアーを行い観光客を増やします。
しっかり観光客を運べていたなら1年目の終盤に観光客数が達成できます。

2年目

2年目開始時点ですでに住宅経済規模が150億あります。

ゲーム開始時から70億増えたことを考えると、2年目終了までには住宅経済規模も達成出来そうです。

2年目は鉄道総延長の資金を稼ぐ事を考えます。
運転資金を増やすため、再び銀行に融資してもらいます。

この資金も子会社建設に使います。
できるだけ高めの子会社を建て、売り出します。

それから、鉄道敷設の行政施策があれば受託し、鉄道を敷設します。
鉄道だけで、駅も列車も配置しません。ちょっとスマートじゃないやりかたな気がしますが、クリアのため我慢してください。

資金を稼ぎなら進めていると、2年目の終盤には経済規模が達成すると思います。

3年目

あとは、鉄道総延長だけです。
銀行融資を受け、街の西側の比較的土地が安い箇所に鉄道を伸ばします。
資金稼ぎが上手くいっていたなら、これでクリアです。

それでも足りなければ、残っている株、資材置き場に使っていた土地、機関車、売り出し中の子会社の即時売却で資金を作ります。
まだ無理そうなら、売却資金を稼ぐのではなく、株式公開で資金を稼ぎましょう。


【A列車で行こう はじまる観光計画】記事一覧

2021/04/07

【A列車で行こう はじまる観光計画】達人攻略ガイド マップ「夢と希望の街」



この記事は【A列車で行こう はじまる観光計画】の「夢と希望の街」の難易度達人での攻略ガイドです。

 クリア目標

夢と希望の街のクリア条件は、年間観光客数20万人以上達成と、株式公開です。

マップ内に観光名所は3箇所あるのですが、どれも集客力は低めで、条件達成のためには、隣接する三つの街すべてからルートを開拓したいです。

株式公開は2年連続の黒字と純資産95億以上、利益剰余金19億以上の達成が必要ですが、
マップ中央にある観光名所、イベリアランドは自社の子会社で、ここから莫大な利益が見込めるため、簡単に条件達成できます。

株式公開のため、クリアには最低でも2年と120日以上かかります。
1年目は観光ルートを開拓し、2年目で観光客数達成、その後、株式公開を目指します。

イベリアランド前まで線路を伸ばす

ゲーム開始直後、初手借金です。
融資限度額は約35億となかなかのもの、3年目にはクリアする予定なので、4年借りて踏み倒します。

そして、大間館山駅からイベリアランド前まで線路を伸ばします。
電車を走らせたなら、南から1つルートが通ります。

イベリアランド周りの開発

イベリアランドの周りを中心に開発を行います。
商業や娯楽が遊園地と相性が良く、遊園地周りに建てることで、遊園地の収入が増える上に、その子会社の立地もよくなります。

ですが、建物を建てる前に資源を運んできましょう。

このマップ内には工場はないため、北の街から資源購入を行います。
北の街は資源が安く、運び込んだ資源をマップ内で消費すると利益になります。

なので、北の街近くに大きな資源置き場を用意し、専用のトラックで大量に運び込みましょう。ただし、序盤は消費より、購入の方が多いので資金の減少スピードには注意しなければなりません。

資金がマイナスになりそうなら、トラックを一旦止めてください。

この巨大な資源置き場からイベリアランドまで、トラックで資源を運びます。
北の街へのトラックとイベリアランドへのトラックが混雑しないように、どちらかのトラックは2番線に止まるように設定します。

次に北の街からイベリアランド前にバスを走らせます。
このバスも南側のバスとぶつからないように2番線に止まらせてください。

イベリアランド前はかなり立地が良いのでの土地を買っておきます。
この周りは商業系のビルなどは、建てて即売るだけで資金が稼げるので、どんどん資金を稼ぎましょう。

建てれば建てるほど、イベリアランドの収入も増えていきます。

バスでルートを開拓

資金が少したまってきたなら、バスを走らせます。
大間館山駅から杉尾温泉まで。


北の街から、追真神社まで。

そして、東の街へ道路を接続し、大間駅や大間館山駅までバスを走らせます。

これで、すべての街からすべての観光名所へのルートができました。
しかし、イベリアランドの南側と北側を繋ぐのはバスのみなので、ここで詰まってしまいます。

できれば、北側まで鉄道を伸ばしたいですが、50億ほど資金がかかるので2年目に向けてお金を稼いでいきます。イベリアランド周辺に商業施設を建設しては売り、資金を稼ぎましょう。

その後

お金を十分に稼いだなら、イベリアランドから追真神社へ鉄道を伸ばします。
これで、イベリアランドでの混雑が解消されます。


2年目中には観光客数達成できると思います。

無茶な拡張をしなければ、2年目も黒字になるはずなので、3年目に入った直後に株式公開を行い、120経てばクリアです。

【A列車で行こう はじまる観光計画】記事一覧

2021/03/30

【A列車で行こう はじまる観光計画】達人攻略ガイド マップ「はじまる観光計画」



この記事は【A列車で行こう はじまる観光計画】の最初のマップ「はじまる観光計画」の難易度達人での攻略ガイドです。

 クリア条件


最初のマップのクリア条件は、1年以内に観光客20万人の達成と、人口を2万人以上にすることです。

街の初期人口は8722人なので、1年で1万人以上も人口を増やさなければなりません。

観光名所の那賀代城は観光集客力は最高なので、ルートをしっかりつなげば、観光客が続々とやってくるのですが、初期資金が少なく、一気にルートは繋げません。資金を増やしながらルートを伸ばしていきます。

観光ルート開設


ゲーム開始したら銀行にお金を借ります。8億ちょっとしか借りられませんがないよりはましです。どうせ1年でゲーム期間は終了するので返す必要もありません。限度いっぱいまで借りましょう。

これで初期資金と合わせて約55億になりました。

それから、隣町から那賀代城まで線路を伸ばします。
資金が心許ないので、単線で繋ぎます。那賀代城前に駅も作り、合計で11億ほど費用かかります。


駅の用意ができたので、初期配置されている列車の運行計画を設定しましょう。
そのままの営業路線だと、隣町に行かなくなっているので、那賀代城から戻ってきた際の榎守駅前のポイントで路線を切り替えて、隣町まで進むように設定します。

営業時間は6時~23時に設定します。深夜にはほとんど乗客がいません。

これでひとまず、観光地へのルートができました。

今後、南側の隣町にもルートを繋ぎたいので、那賀代城前の駅から先の用地を少し買収しておきましょう。

マンション売却で資金稼ぎ

残ったお金で線路拡張の資金を稼ぎます。
期間が短いため、鉄道収入や子会社収入を待っている時間はありません。
立地の良い場所に子会社を建て、即座に売り、その差額で資金を稼ぎます。

南榎守駅前には病院と学校があり、住宅の立地がかなり良く、作れば作るほど儲かります。
マンションを建てれば人口も増えますし、一石二鳥です。

このあたりの土地を広く買収してマンション用地にしましょう。かなり資金は減りますが、すぐに稼げます。

マンションを早く建てられるほど、早く稼げるので資源が欲しいのですが、上手い具合にすぐ南に工場があります。ここと道路を繋いで資源を運びます。

道路を繋ぐ前に行政施策を確認してください。榎守村に道路を建設する行政施策があります。これを受けてから道路を建設しましょう。

道路を建設したなら、トラック駐車場を作ります。
この世界のトラックはなぜか、対向車線の駐車場に入らないので、進行方向の左側に駐車場を作るようにしてください。

駐車場ができたら、トラックを1台配置し、マンション建設予定地側の駐車場で資源を降ろすように設定します。営業時間はそのまま24時間資源を運び続けてもらいましょう。ああ、超ブラック。

あとは、マンションを建設後に売れば、人口も資金も増えていきます。
同じ型のマンションを建設すると、立地は悪くなるのですが、元々の立地が良すぎるため、3,4くらい同じ型のマンションを作っても高く売れます。気にせず作れるマンションを作って下さい。


ただし、高層マンションは2つ目から安くなり始めるので注意が必要です。

子会社の売却で資金を稼ぐので、あまり関係はないのですが、従業員数がたりていないのでプランの人員増強を実行しておきましょう。ブラック企業は嫌ですもんね。

従業員数が十分になれば、プランでは季節ツアーを実行し、観光客数を増やしておきます。

バスを走らせる

少し資金が溜まってきたなら、道路を伸ばし、バスで街の発展を進めます。
隣町から棟本駅まで道路が通し、家の多い箇所にバス停を作り、4台ほどバスを走らせます。

バスの営業時間は6時~23時までにしておきます。

街が発展するにつれて、初期配置の電車が客を乗せ切れていないことに気付くと思います。
編成数を5両に増やしましょう。それでも乗せ切れないかもしれませんが、今の駅はホームの長さが5マスしかないのでひとまずこの両数で進めます。

もう一つの観光ルートを開設

資金が60億を越えたなら、南側の隣町へ線路を伸ばしましょう。
まだ線路全体を複線にするほどの資金はないので単線ですが。

しかし、単線を伸ばしただけだと列車が1台しか走らせられないので、東側を走る電車と南側の電車でわけて運行します。
那賀代城前の駅のホームを2つに増やし、それぞれ方面の電車が別のホームを使うように設定します。

隣街に線路を接続すると8億ほどかかるので、資金節約のため南側の街とは線路を接続せず運用しましょう。初期から接続されている道路でバスを使って観光客を連れて来ます。

これで、南側からも観光客が来るようになりました。

さらに発展させる

あとは、ひたすらマンション建設でクリアできると思いますが、発展を進めるため、榎守村の道路を伸ばしてバスを走らせましょう。いまさらですが、行政施策達成です。

時間を進めると、期間の半分がすぎた10月時点で、人口条件はほぼ達成し、観光客条件も半分以上達成しています。

そのまま放置でもクリアできそうですが、観光客数の増加を進めてみます。

東側の駅のホームの長さをすべて7マスまで増やします。そして、運行列車を7両に増やします。

さらに那賀代城前から榎守駅側の線路の複線化を行います。隣町の接続部分まで複線化を行えば、複数の列車が走らせられるようになります。

しばらく経てばクリアです。

【A列車で行こう はじまる観光計画】記事一覧