2018/12/16

【MTG アリーナ】攻略 ライフ回復デッキにシナジーがあるカード



MTGにはライフ回復時に効果が発動するカードがあります。
MTGアリーナで配布されるデッキ「Eternal Thirst」はそのようなカードをうまく利用したデッキとなっています。

この記事では、ライフ回復時デッキにシナジーのあるカードとして、ライフ回復で効果発動するカード、ライフ回復効果のあるカード、そして、得たライフを有効利用するために、コストとしてライフを支払うカードを紹介しています。

絆魂持ちや、戦場に出た時にライフを回復するカードも、ライフ回復デッキと相性は良いのですが、ただ絆魂を持っているだけや、ライフを回復するだけのカードは紹介していません。

2018/12/09

Epic Gamesストアの使い方


Epic Gamesストアがオープンしたので、さっそく使ってみました。

この記事ではEpic Gamesランチャーのダウンロードから、実際にゲームを起動するまでを解説します。
Epic Gamesストアの支払い方法についてはこちらを参照してください。

2018/12/08

【MTG アリーナ】攻略 初心者向け どの土地をプレイするか




この記事では土地のプレイについて解説しています。

どの土地をプレイするかというのは、次の手札も関わるため運の要素もあり、この行動がかならず正しいとはならないのですが、プレイの目安にしてください。

2018/12/04

【MTG アリーナ】攻略 初心者向け インスタントをいつ使うか



MTGのインスタント呪文は使うタイミングの自由度が高く、他の呪文と比べて使いこなすには難易度が高いです。

この記事ではそんなインスタントをどんなタイミングで使うのが良いかを解説しています。

これらの解説は、インスタント呪文のみではなく、インスタイントタイミングで使える、瞬速持ちの呪文や、起動能力でも役に立ちます。

インスタントの使用はぎりぎりまで待つ

インスタント呪文は発動したいぎりぎりまで待つことが重要です。

呪文を使うのをぎりぎりまで待つことによって、マナを残し、相手の行動に対して一番有効な行動をとれます。

また、【MTG アリーナ】攻略 初心者向け 呪文や能力が解決する順番の記事でも書いているのですが、呪文の撃ち合いになった場合、後に唱えた方が相手の呪文の効果前に自分の呪文の効果が発揮されため有利となります。

インスタント呪文は相手のターンに使うこともできます。
いつでもというわけではないのですが、相手の行動をみてから行動できるので、相手のターンまでインスタントを使うのを待った方が得な場合も多いです。

相手のターンにインスタントを使う例

手札に「取り消し」と「囁く工作員」があり、マナが3マナあります。
自分のターンに「囁く工作員」を召喚してしまうと、相手の行動には対応できません。

そこで、3マナ残したまま相手のターンに移ります。
そして、もし相手がなにか強力な呪文を使ってきた場合は、「取り消し」を使いその呪文を打ち消してしまいましょう。
呪文を打ち消す

相手が弱い呪文を使った場合や、呪文を使わなかった場合、自分のターンに移る直前に「囁く工作員」を召喚しましょう。
マナを使わなかったので、瞬速クリーチャーを召喚


もう一つ例を出します。
次は手札に「分散」「予期」「前兆語り」があり、マナが4マナあるとします。
「前兆語り」は自分のターンでしか召喚できず、使ってもまだ2マナ余るので、自分のターンで召喚しておきましょう。

そして、2マナ使える状態で相手のターンに移ります。

もし相手がエンチャントやクリーチャーを使った場合は、「分散」で手札に戻してしまいましょう。
そうすれば、自分はクリーチャーを展開でき、相手はこのターンなにも展開できないという状態になります。

そして、相手の使った呪文が大した脅威でない場合や、呪文を使わなかった場合、自分のターンに移る直前に「予期」で手札を引きます。
「予期」をつかっても手札の枚数は増えませんが、手札の質を高められます。


このようにインスタントは、相手の行動を見てから行動を選択するという強みがあります。

自分のターンにインスタントを使う場合

クリーチャーが除去されそうになった場合

クリーチャーが呪文の対象となり、そのままでは除去されそうな場合、インスタントを使って守った方が良い場合があります。

呪禁を付与する、タフネスを上げてダメージを耐える、手札に戻すなどの対処法があります。

プレイする土地がない、使える呪文がない場合

この場合は自分のターンでドロー呪文を唱えましょう。
ターン中にプレイする土地がなかった場合、うまく土地を引けたなら、その場で土地がプレイできます。

また十分なマナがあるのに、使える呪文がない場合、カードを引くことで、そのターンに使える呪文を引いてこられるかもしれません。

相手のマナがない、相手の手札がない

相手にマナや手札がない場合、こちらの呪文を妨害することはできません。
この場合、相手のターンまで呪文を待たずに呪文を使うことで確実に効果が発揮できます。

もし相手のターンまで呪文を待ってしまったなら、マナや手札が回復してしまい、それらをつかって妨害されてしまうかもしれません。

相手に厄介な能力を持つクリーチャーなどがいて、確実に除去したいなら、相手にマナや手札がないタイミングで行いましょう。

まとめ

インスタント呪文が便利なのは、相手の行動を見てから行動できるという点です。
ただ、相手の行動を見ずに先に行動する場合もあります。

インスタント呪文は使いどころが難しいですが、使いこなしてさらにMTGを楽しみましょう。



2018/11/30

【MTG アリーナ】攻略 初心者向け 何ターン目に何マナがだせるか 確率テーブル




MTGでは呪文を使うためにマナを必要とします。
そして、マナを出すためには土地カードが必要です。

では、十分な土地を手札に持ってくるには、何枚カードを引く必要があるでしょうか。

この記事では、いくつかの条件にあわせて、土地カードが手に入る確率をテーブルにしました。

確率テーブルについて

表の数字の単位は%です。

表示ターン数については先手のもので、1ターン目のドローはありません。
また、カードを引く呪文は使っていないものとしてターン数を表示しています。

表示マナ数は土地が何枚手札に来たかで算出しています。土地をプレイした枚数ではありません。
マナクリーチャーやマナアーティファクト、また、土地を出す呪文などは使っていないものとしています。

2018/11/24

【MTG アリーナ】攻略 初心者向け クリーチャーを召喚するタイミング



MTGではクリーチャーを召喚して戦うのが、基本的な戦術です。
しかし、なにも考えずに第1メインフェイズで召喚するよりも、クリーチャーの特性に合わせて召喚するタイミングを考えた方が勝率が高くなります。

この記事では、どのタイミングでクリーチャーを召喚すれば効率がよくなるか解説します。

基本の召喚タイミング

クリーチャーの召喚は、戦闘フェイズが終わった後の第2メインフェイズで行いましょう。

なぜなら、クリーチャーは召喚したターンでは、召喚酔いのため戦闘に参加できないからです。
戦闘に貢献できないクリーチャーを戦闘前に召喚するよりは、マナを残して戦闘に入った方が柔軟に対応できます。

ここで例をあげてみます。
4マナ使える状態で、自分の場に「ケンタウロスの狩猟者」が、手札には「逆毛の猪」と「剛力化」があります。
対戦相手の場には「司教の兵士」がいました。

第1メインフェイズで4マナを使い「逆毛の猪」を召喚します。
そして、戦闘フェイズで、「ケンタウロスの狩猟者」でアタックを行います。

すると、対戦相手が「司教の兵士」でブロックし、さらに「奨励」を使いました。
第1メインフェイズでクリーチャーを召喚した場合
マナがないので対処できず、「ケンタウロスの狩猟者」は死亡してしまいます。

それでは、第1メインフェイズでクリーチャーを召喚せずに戦闘を行いましょう。
さっきと同様に「司教の兵士」でブロックされ、「奨励」を使われましたが、マナがあるため、それに対応して「剛力化」を使えました。
第1メインフェイズでクリーチャーを召喚しなかった場合
すると、第2メインフェイズで「逆毛の猪」は召喚できなくなりましたが、戦場に「ケンタウロスの狩猟者」が残り、「司教の兵士が」いないという優勢な状態になりました。


手札にコンバットトリックに使えるインスタントカードがない場合はどうでしょうか?
その場合でも、第2メインフェイズで召喚しましょう。

相手はこちらがインスタントカードを持っていないことを知りません。
マナを残しておけば、コンバットトリックを警戒してブロックしないという可能性もあります。

あてが外れたとしても、第1メインフェイズでクリーチャーを召喚したのと同じ状況になるだけです。

というわけで、クリーチャー召喚は第2メインフェイズで行いましょう。

戦闘に貢献できる能力を持つクリーチャーの召喚

もちろん第2メインフェイズで召喚するのがいつも正しいわけではありません。
特に、戦闘に貢献できる能力を持ったクリーチャーの場合は、戦闘前の第1メインフェイズに召喚した方が有利になります。

速攻/Hasteを持つクリーチャー

「松明の急使」のような速攻を持つクリーチャーは召喚酔いにならず、召喚したターンで攻撃が可能です。

アタッカーが増えるので、召喚してそのまま攻撃が可能な状況なら第1メインフェイズに召喚しましょう。

ただし、速攻を持っているからといって、いつでも第1メインフェイズい召喚するわけではありません。

アタックしても一方的に打ち取られる場合など、召喚してもアタックできない状況なら、第1メインフェイズに召喚する意味はないので、マナを残して戦闘フェイズに移ります。

パワーやタフネスに修正を与えるクリーチャー

パワーやタフネスに修正を与えるクリーチャーはもちろん戦闘前に召喚しましょう。
「騎兵隊の教練官」「ゴブリンの損壊名手」「死の男爵」のようなクリーチャーです。
「死の男爵」は接死という戦闘に役立つ能力も付与します。
これらのクリーチャーの能力は戦闘に参加するクリーチャーのダメージを増やし、死ににくします。

ブロッカーを排除できるクリーチャー

戦闘前にブロッカーを排除できたならアタックを通せる場合、除去できる能力を持つクリーチャーが召喚できるなら、第1メインフェイズで召喚しましょう。
クリーチャーを破壊する、手札に戻す、タップするなどの能力です。

手札を増やせるクリーチャー

これらのクリーチャーは直接戦闘に役に立つわけではありません。
しかし、戦闘に役に立つカードを手に入れられる可能性があります。

戦闘で手に入ったカードを使うためには、マナが必要となるので、そのマナがない場合は、これらのクリーチャーは第2メインフェイズで召喚しましょう。
カードを引く能力や、墓地からカードを回収するカードなどがあります。

瞬速/Flashを持つクリーチャー

瞬速を持つクリーチャーはインスタントと同じように、自分のメインフェイズ以外でも唱えられます。

さまざまなタイミングで召喚できるので、扱いには少しテクニックが必要です。

瞬速以外にとくに能力を持たないクリーチャー

「雇われ刺客」のような瞬速以外に能力を持たないクリーチャーは相手のターンまで召喚を待つことで、選択肢を増やせます。

つまり、相手の呪文を打ち消すためのマナや、相手の戦闘フェイズで今場とトリックに使うためのマナを残しておくことができるのです。

また、戦闘フェイズのブロック時に奇襲的に召喚することで相手のクリーチャーを倒すこともできます。

雇われ刺客は3/2なのでパワーが1でタフネスが3までのクリーチャーなら一方的に打ち取れます。

自分の場にブロッカーがいない状況なら、パワー1のクリーチャーもアタックしてくるでしょう。対戦相手がそうしたなら、ブロックのタイミングで「雇われ刺客」を召喚し、ブロックしましょう。
ブロッカーの選択時に召喚してブロック

ブロックしてもこちらが一方的に打ち取られる場合は、まだ召喚を待ちましょう。
召喚するのは相手のターンの一番最後、自分のターンに移る直前です。

能力を持つ瞬速クリーチャー

瞬速持ちのクリーチャーは特殊な効果を持ったものもいます。


「夢呼びのセイレーン」はパーマネントをタップする能力を持ちます。

相手の戦闘フェイス前に召喚し、アタッカーを減らしたり、召喚直後のクリーチャーをタップすることで、次の自分のターンでブロックできないようにもできます。


「練達の魔術師、ナル・メハ」はインスタントやソーサリーがスタックにある状態で唱えると、その呪文をコピーします。

もちろん特殊な能力を持つ瞬速クリーチャーでも、アタッカーを打ち取るために使うこともできます。

まとめ

クリーチャー召喚は、そのターンの戦闘フェイズで役に立つかどうかで召喚タイミングが変わります。

瞬速持ちのクリーチャーはさらにタイミングが難しくなるのですが、基本的な考え方は、活躍できるぎりぎりまでマナを残しておくというものです。



2018/11/20

【MTG アリーナ】攻略 初心者向け 呪文や能力が解決する順番



MTGでは呪文を唱えたり、クリーチャー能力を使っても、そのカードの効果がすぐに解決されるわけではありません。

効果が解決する前に複数の呪文が唱えられた場合や、カードの効果によって、クリーチャーの能力が発動した場合に、どのように効果が解決されるかを詳しく解説したいと思います。

使った呪文やクリーチャー能力は解決前にどうなるか

MTGでは呪文や能力を使った後、即座に効果が解決されるわけではないのですが、ではその効果はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、使われた呪文や能力はいったんスタックという領域に置かれます。
スタックに置かれた呪文

スタックに置かれた呪文や能力は解決を待ちます。解決待ち中に他の呪文や能力が使われたなら、スタック上に複数の呪文や能力が重なります。
スタックの重なり


2018/11/14

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの多色神話レアカード



2018/11/12

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの多色レアカード



2018/11/10

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの多色コモン・アンコモンカード



【MTG アリーナ】の多色のコモン・アンコモンカードで使いやすく、おすすめなカードを独断と偏見で選んだ。

2018/11/08

【MTG アリーナ】攻略 おすすめのアーティファクトカード



2018/11/06

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑レア・神話レアカード



2018/11/04

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑アンコモンカード



2018/11/02

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの緑コモンカード



2018/11/01

【MTG アリーナ】攻略 おすすめの赤レア・神話レアカード



【MTG アリーナ】の赤のレア・神話レアカードで使いやすく、おすすめなカードを独断と偏見で選んだ。